Slider
「TJラボ」とは?
環境・社会課題の解決を目指す若手の起業家を発掘する「TJ(トランスフォーマー・ ジャパン)ラボ」が昨年に引き続き、再び始動!
全国からの応募者のうち選考された若手起業家「TJプレナー」に対し、現役企業経営者らメンター陣がビジネス戦略構築や組織運営などをアドバイス。
新型コロナウイルス感染症禍により、世界中がニューノーマルを基調とした社会・経済の再構築に舵を切り始めています。新しい「あたりまえ」を探し出すことで、新たな社会に向けたパラダイムシフトの加速化を目指しています。

 

TJラボ関係者
TJプレナー(4名公募)
環境・社会課題の解決にビジネスとして取り組む若手起業家。
公募から選考したTJプレナーをTJラボでは全面的に支援していきます。
TJインキュベーター(10名公募)
TJプレナーへのメンタリングを通じ、ビジネスプランの進みや課題を見極め、
成長を支援します。
TJコンシェルジュ(2名)
TJプレナーの困りごとを聞き、TJインキュベーターやTJサポーターへ伝えます。
メンタリングの日程など総合調整を行います。
TJサポーター(5社〜)
環境・社会課題の解決を強く意識し経営する会社。TJインキュベーターは
「個人」として、TJサポーターは「会社」としてTJプレナーを支援します。
TJラボ事務局
(一財)持続性推進機構
TJラボの運営を行います。
チーム構成

1人のTJプレナーを、2〜3人のTJインキュベーターとTJサポーターが支援。
TJコンシェルジュがチームでの打ち合わせ等総合調整を行います。

スケジュール

事業要項はこちら

 

8月6日
〜8月31日
エントリー受付
(TJプレナー、TJインキュベーター)
エントリー希望者に応募書類をお送りします。TJプレナーは【事業プランの概要及び目的】【環境・社会課題解決とのつながり】【自らが想像する2050年の社会と構想しているビジネスモデルとのつながり】の3項目を、TJインキュベーターは【応募理由】【自らの経験・組織をどう活用できるか】【2050年の社会に向かうユース世代にどのようなメンタリングを行えるか】の3項目をそれぞれ記入してください。なお、自薦・他薦は問いません。
9月初旬
選考結果発表
応募書類をもとに選考委員会で選考を行います。TJプレナーは4人、TJインキュベーターは10人を選びます。選考結果は、9月初旬にご本人に通知するとともに、ウェブ上でも発表します。
9月12日(土)
第1回セッション
キックオフミーティング
15:00〜18:00@東京都区内
TJプレナー、TJインキュベーター、TJサポーターらが集結。TJプレナーがビジネスプランのプレゼンテーションをします。その後、意見交換を行い、TJインキュベーターがメンタリングしたいTJプレナーを決め、TJプレナーがメンタリングを受けたいTJインキュベーターを決めます。その後、事務局が両者の希望を調整の上、マッチングします。
9月下旬
〜2021年2月末
メンタリング期間
TJプレナーはこの期間にTJインキュベーターとのメンタリングを実施します(1回2時間程度)。
2021年
3月13日(土)
第2回セッション
ゴールズミーティング
14:00〜17:00@東京都区内
TJプレナーがTJインキュベーターやTJサポーターからメンタリングを受けた成果について発表します。ビジネスモデルの実現に向け、ひとつの通過点としてのゴールを共有し、次もゴールへ進むためのミーティングです。
※プライバシーポリシーはこちら
エントリーに関して
TJプレナー

 

応募対象

①起業している、または、起業準備中であること
②国内を拠点に活動していること
③いわゆるミレニアル・Z世代(1980年以降生まれ)と言われるユース世代であること
④社会課題の解決を明確に意識しているビジネスモデルであること
⑤提案されたビジネスモデルが独創的で新規性に富んでいること
⑥2050年の社会を想像した上で、ビジネスモデルを構築できていること

審査項目

応募書類に記載された下記の3つの項目をもとに選考を行います。
・事業の独創性や新規性
・事業の環境・社会課題への貢献
・想像する2050年の社会とビジネスモデルの関連性

注意事項

・TJラボでは、TJプレナーへの支援内容はアイデア やスキルの提供に限ります。資金提供は不可です。
・キックオフミーティング及びゴールズミーティングへの参加旅費は環境省の基準に従いお支払いします。

申込期限:8月31日(月)正午

TJインキュベーター

 

応募対象

①社会起業家や環境・社会課題への意識が高い経営者・団体責任者
②環境・社会課題への意識が高いユース世代とつながることで自社のビジネスエコシステムを成長させたいと考えているビジネスパーソン
③社会課題への関心が高い、IT、SNS、経理、デザイン、法務、マーケティング等の専門家

審査項目

応募書類に記載された下記の3つの項目をもとに選考を行います。
・応募要件の適合
・応募理由
・自らの経験・組織をどう活用できるか
・2050年の社会に向かう向かうユース世代にどのようなメンタリングを行えるか

注意事項

・TJプレナーへ資金提供は不可です。
・TJインキュベーターとしての業務を果たした方には、環境省の基準に従い謝礼をお支払いします。
・最寄駅からミーティング会場及びメンタリング会場までの交通費をお支払いします。

申込期限:随時募集しています。
申込先:https://www.transform-japan-lab.com/form/tj-incubator/

問い合わせ
TJラボ事務局(一般財団法人持続性推進機構)
tj@ipsus.jp